Apple Watch Series 6は血中酸素飽和濃度が測定可能

Apple Watch Series 6は血中酸素飽和濃度が測定可能

  • TechCrunch
  • 更新日:2020/09/16
No image

Apple(アップル)の新しい腕時計「Apple Watch Series 6」には、いくつかのエキサイティングな新しい健康機能が搭載されている。赤色光と赤外線の両方を使用する新しいセンサーのおかげで、Apple Watch Series 6は15秒で血中酸素飽和濃度が測定できるようになった、と同社は米国時間9月15日に発表した。また、睡眠中にもバックグラウンド測定にてデータが記録される。

血液中の酸素飽和濃度は、赤血球がどれだけの酸素を運んでいるかを意味する。これらの測定は喘息、心疾患、慢性閉塞性肺疾患などの慢性疾患を持つ人にとって、特に重要だ。アップルは今後医療機関と協力し、この新しい血中酸素飽和度の測定機能を使って、喘息や心臓病、新型コロナウイルスに関する健康調査を実施する予定だ。なお日本国内では、医療での使用や医師との相談または診断を目的としたものではなく、一般的なウェルネスとフィットネスのためだけに使える。

さらにwatch OS 7はVO2 max(最大酸素摂取量)データの測定、手を洗っているかどうか、睡眠の監視もできる。

No image

関連記事
・アップルが税別2万9800円からの低価格版のApple Watch SEを発売

カテゴリー:ハードウェア

タグ:Apple Apple Watch

画像クレジット:Apple

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加