【POG】プレミアムスマイル、切れ味ある脚 池添学師「ゲートが速い」

【POG】プレミアムスマイル、切れ味ある脚 池添学師「ゲートが速い」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/11
No image

プレミアムスマイル

「新馬戦」(12日、中京)

12日中京5R(芝1600メートル)でデビューするプレミアムスマイル(牝、父ロードカナロア、栗東・池添学)に注目だ。15年オークス2着馬で重賞4勝を挙げたルージュバックや、オープンで活躍中のポタジェの半妹。池添学師は「この血統で、これだけ早くデビューできるのは珍しい」と順調さを強調する。

最終リハは栗東坂路で4F55秒6-40秒4-12秒2を計時。西村淳を背にゴールドティア(4歳2勝クラス)と併せ、半馬身先着を果たした。「ジョッキーは“長くいい脚というよりも、一瞬の切れ味がありそう”と。ゲートが速いので、そのアドバンテージを生かせれば」と指揮官。笑顔のV発進となるか、目が離せない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加