仲よくしたいのに!男性がつい「イラっとしちゃうひとこと」

仲よくしたいのに!男性がつい「イラっとしちゃうひとこと」

  • ハウコレ
  • 更新日:2021/04/07
No image

付き合っている彼氏と本当は仲よくしたいのに、なぜか会うと喧嘩になってまう……。

カップルが喧嘩してしまう原因はさまざまですが、もしかすると何気ないあなたのひとことにイラっとしているのかもしれません。

そこで今回は、男性がついイラっとしちゃうひとことをまとめてみました!

「どうしてわかってくれないの?」

どんなカップルでも、価値観の違いで喧嘩になってしまうことはよくある話です。

仲直りするためには、喧嘩の原因を理解してどちらかの意見に寄り添うことも大事なこと。

男性の意見を全否定して「どうしてわかってくれないの?」と言われると、普段は優しい彼氏でもついイラっとしてしまうはずです。

喧嘩をした時は自分の意見を押し付けるのではなく、彼の意見もしっかり聞くようにしましょう。

「もっと頑張ってね」

彼氏のことを励ましてあげたいという気持ちから「もっと頑張ってね」と言ってしまう女性も多いようですが、自分なりに精一杯頑張っている男性は「俺なりに頑張っているのに……」と思ってしまいます。

彼にプレッシャーを感じさせないためにも、「無理しないでね」や「応援してるからね」という言葉をチョイスした方が喜ばれますよ。

「○○ちゃんの彼氏とは大違いだね」

友達の彼氏と比べられるような発言をされたら、どんな男性でもイラっとしてしまうはず。

他の男性を褒めて「いいなぁ」と羨ましがると、最悪の場合「だったらその人と付き合えば?」言われてしまう可能性も。

彼に対して何か要望がある場合は、他の男性と比べずに真っ直ぐ彼に伝えた方が効果的だと言えるでしょう。

「それって大丈夫なの?」

男性は自分が一生懸命取り組んでいることに対して、彼女から「それって大丈夫なの?」と言われれると「俺のこと信用してないの?」と思い、ついイラっとしてしまうそうです。

彼のことが心配でつい言ってしまう言葉ですが、男性にとっては「信用されてない」「馬鹿にされてる」と思ってしまう場合もあるようですよ。

彼のためを思って言った言葉でも、相手にとっては嫌なひとことだと感じてしまうこともあるので、どんなに親しい間柄でも言葉のチョイスはとても重要です。

相手の気持ちになって考えてから発言することができれば、無駄な喧嘩を回避することができるでしょう♡

(ハウコレ編集部)

ハウコレ_LOVE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加