楽天石井監督、マー君は「自分側にしっかり持ってきた投球」一問一答

楽天石井監督、マー君は「自分側にしっかり持ってきた投球」一問一答

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/01
No image

ロッテに勝利し、今季2勝目を挙げた田中将は、石井GM兼監督(右)をタッチをする(撮影・菅敏)

<楽天3-0ロッテ>◇1日◇楽天生命パーク

楽天が田中将大投手(32)の6回無失点の好投もあり、2分けを挟み今季最長の4連勝とした。

以下、石井一久GM兼監督(47)の試合後一問一答

-田中将が2勝目

石井GM兼監督 最初は打者のアプローチに対して結果として表れなかったですけど、ただ、ボールの質はすごくよかった。序盤を切り抜けてから、自分のペースで試合を進めていくことができました。

-田中将の直球の質は

石井GM兼監督 (捕手の)太田じゃないから分からないですけど、横からみていて、かなりしっかりとしたスピンレートが出ていそうなボールで、ラインにも乗っていた。全体的に回数を重ねて精度が増してきた印象でした。

-今季最多106球と球数を要した

石井GM兼監督 彼にとってはそんなに難しいことではない。四球で苦しむこともなく、自分の投げたいところに投げて、それを決めきれるか、決めきれていないかだけで球数を要しただけ。自分側にしっかり持ってきた投球をしてくれましたと思います。

-試合前取材では「あと2回ほどの登板で仕上がる」と話していた

石井GM兼監督 回数を重ねるごとにすごく精度を増してきて、回数を重ねるごとに疲労も出てくると思うので、その辺のメリハリをつけて球数を目指してほしい。100球が多いのではなくて、1カ月休んで復帰したばかりなので、しっかりとコントロールしていきたい。

-打線は3得点

石井GM兼監督 結果として表れないものは多いけど、打者のアプローチはディクソンを含めてしっかりとできているので、結果だけに持っていかれないように、僕もしっかりと見ておきたい。

ーー2ランを放った岡島が好調

石井GM兼監督 ここ何年か彼はすごく苦しんできたので、チャンスが来たらやってやろうという、打者でも投手でもそうですが、メンタルあっての技術論だと思う。彼はファイターなので、技術の向上に取り組んでいるし、そこが彼の特徴です。

ーー浅村も適時打。今季1本塁打だが

石井GM兼監督 打者の中心に浅村がいることがチームにとって心強い。ホームランはそのうちでるので気にしていない。

-浅村は2試合連続で3番

石井GM兼監督 打順はコロコロ変えたくないけど、浅村を3番に入れたら、どれぐらい相乗効果がでるのかを見てみたい。出口調査みたいな短期的なものは好きではないので、少しそのままにしておきます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加