スケートボード場やボルダリング施設も 「グルーンおおむら」 グランドオープン

スケートボード場やボルダリング施設も 「グルーンおおむら」 グランドオープン

  • NBC長崎放送
  • 更新日:2022/11/25

長崎県内最大規模のスケートボード場やボルダリング施設などを備えた交流拠点がボートレース大村の敷地内に25日、オープンしました。

【写真を見る】スケートボード場やボルダリング施設も 「グルーンおおむら」 グランドオープン

大村市 園田裕史市長:
「人々が集う場所を発信していきたいと思いますのでどうぞよろしくお願い致します」

コミュニティパーク『グルーンおおむら』は大村市がボートレース場の『複合施設化』を目指して整備した施設です。

様々な世代が集う交流拠点を目指しており、広さ4千平方メートルの敷地内には子供の成長を考えて作られたボーネルンド社製の遊具やフィットネス器具を設置。

カルチャー教室など様々な用途に利用できるパークセンターや、雨の日も楽しめる全天候型のボルダリングウォールも作りました。

さらに長崎県内最大規模のスケートボードパークを東京オリンピックのパークも手掛けた専門業者に依頼して整備しています。

長崎市から来た中学2年生:
「いつも行ってるパークより滑りやすい。週に1回位来たいです」

大村市モーターボート競争事業管理者・馬場宏幸さん:
「ボートレース以外でも楽しめる公園になっていますので是非たくさんの方にご来場頂きたい」

利用料金はすべて無料、レースの開催に関係なく年中無休で、午前10時から午後9時まで開放されます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加