楽天4位内間が実戦デビューで3者連続三振奪う

楽天4位内間が実戦デビューで3者連続三振奪う

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/21
No image

ヤクルト対楽天 4回裏ヤクルトの攻撃から登板する内間(撮影・河田真司)

<練習試合:ヤクルト5-2楽天>◇21日◇ANA BALLPARK浦添

楽天ドラフト4位の内間拓馬投手(22=亜大)が、実戦デビューとなるヤクルト戦で3者連続三振を奪った。

2点を追う4回に登板。先頭の中村を内角への149キロ速球で見逃し三振、ルーキー並木を外角150キロ速球で見逃し三振とし、塩見は133キロ変化球で空を切らせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加