C大阪・大久保は「筋肉系のけが」大阪ダービーでアクシデント 自らバツ印

C大阪・大久保は「筋肉系のけが」大阪ダービーでアクシデント 自らバツ印

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/02
No image

前半、オフザボールの時に左太腿裏を痛め、ピッチにしゃがみ込むC大阪・大久保(20)=撮影・高部洋祐

「明治安田生命J1、C大阪1-1G大阪」(2日、ヤンマースタジアム長居)

J1C大阪のレビー・クルピ監督(68)が前半23分に負傷交代した元日本代表FW大久保嘉人(38)について「正確なドクターの診断を待ちたいが、筋肉系のけがだと聞いている」と試合後のオンライン会見で説明した。

大久保は前半18分、左サイドでG大阪DF三浦と競り合いながら並走した際に左太腿裏を痛めて倒れ込んだ。治療を受けて一時はピッチに戻ったが、すぐにベンチに向かってバツ印を出した。担架で運ばれ、新加入のオーストラリア代表FWタガートが前半23分に投入された。

C大阪では大雨の中、行われた3月21日の湘南戦(レモンS)でMF坂元、原川、高木がそろってハムストリングを痛めて離脱。この日も試合開始時に一時的な大雨があり、気温も冷え込んだため、負傷しやすい環境ではあった。坂元は今回6試合ぶりに復帰したが、チームトップの5得点を挙げている大久保の離脱は避けられそうになく、本来のメンバーがなかなかそろわない。

大久保に代わって投入されたタガートは後半18分にFW加藤に交代した。この“交代の交代”についてクルピ監督は「45分の出場時間を考えていた。来日して初めての試合で日本に順応していくには45分ぐらいがベスト」と説明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加