巨人・原監督 通算1200勝達成も「明日も同じ心境の中で朝を迎え、ユニホームを」

巨人・原監督 通算1200勝達成も「明日も同じ心境の中で朝を迎え、ユニホームを」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/07
No image

監督通算1200勝を達成した原監督(撮影・佐藤厚)

「ヤクルト2-3巨人」(6日、神宮球場)

巨人が3連勝。原監督にとって節目の通算1200勝目を飾った。

巨人打線は五回まで相手先発・小沢に無得点に抑えらるも、2点を追う六回にポランコの2試合連続右越え17号2ランで同点に。八回にはポランコの左犠飛で1点を奪い、勝ち越しに成功した。

先発した4年目右腕の直江は、五回に赤羽への頭部死球で危険球退場となるも、四回までは1失点と好投。九回2死から増田大の失策で一、三塁のピンチを招くも、最後はクロールがキッチリと抑え、逃げ切った。

試合後は「“4アウト”というのはね、点数はだいたい入るものだけど、よく頑張りましたたね」と原辰徳監督。「終わったとは思ってないけどさ。最後まで、ミスター(長嶋終身名誉監督)がよく言っていたように『ゲタをはくまで』ってね。よくそれは僕は言われてね。しっかりと見届けようとみていたら、ああいうことが起きたということ。よくカバーしましたね」と振り返った。

全3打点を挙げたポランコについては「非常に好きな球場のような気がしますね」といい「神宮の神様に守られているのかもしれないね」。自身の通算1200勝については「毎回毎回で申し訳ないけど、また明日になればね、同じ心境の中で、朝を迎えてユニホームを着るでしょう」と淡々と噛みしめていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加