荒磯親方、足取りの照強はエンターテイナー「この大一番で出すのは」/7月場所

荒磯親方、足取りの照強はエンターテイナー「この大一番で出すのは」/7月場所

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/08/01

大相撲7月場所14日目(1日、両国国技館)再入幕の照ノ富士(28)は関脇正代(28)に寄り切られ2敗目を喫したが、新大関朝乃山(26)が平幕照強(25)に足取りで敗れ3敗目を喫したため、優勝争いで単独トップを守った。

NHKでラジオ解説を務めた荒磯親方(元横綱稀勢の里)は、「朝乃山も予想できなかった。この大一番で出すのはエンターテイナー」と照強の足取りに意表を突かれた様子。「(朝乃山は)完全にはまってしまった。やられた! という感じの顔が当たった瞬間にあった」と指摘した。

No image

照強(手前)にあしとりで敗れた朝乃山

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加