「プレバト!!3時間スペシャル」が世帯・個人全体で同時間帯1位の視聴率を記録

「プレバト!!3時間スペシャル」が世帯・個人全体で同時間帯1位の視聴率を記録

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/01/14
No image

「プレバト!!3時間スペシャル」 /  (C)MBS

【写真を見る】俳句バトルに参戦したKis-My-Ft2横尾渉・千賀健永・北山宏光

1月13日に放送された「プレバト!!」3時間スペシャル(TBS系)が、世帯視聴率で関西地区15.3%、関東地区13.2%。個人全体視聴率(4歳以上の平均視聴率)で関西地区9.0%、関東地区7.7%となり、世帯・個人全体で東西ともに同時間帯1位の高視聴率を獲得した。(数字はビデオリサーチ調べ)

同番組では、この日、「俳句」「スプレーアート」「古着リメイク」という3つのコーナーを放送。

俳句コーナーでは、冬のタイトル戦「冬麗戦2022」が行われ、昨年番組で詠まれた全364句の中から夏井いつき先生が選んだ年間優秀句14人によるグランドチャンピオン大会が開幕。

梅沢富美男(永世名人)、東国原英夫(永世名人)、FUJIWARA・藤本敏史(名人10段)、フルーツポンチ・村上健志(10段)、千原ジュニア(8段)、Kis-My-Ft2・横尾渉(7段)、立川志らく(4段)、Kis-My-Ft2・千賀健永(4段)、森口瑤子(初段)、Kis-My-Ft2・北山宏光(特待生3級)の10人に加え、名人・特待生以外からは昨夏のタイトル王者の犬山紙子をはじめ、IKKO、小倉優子、堀未央奈の4人が選出され、「人生ゲーム」をお題に俳句を詠んだ。

スプレーアート5回目の頂上決戦は、遠藤光莉(櫻坂46)、南海キャンディーズ・しずちゃん、千原ジュニア、辻元舞、松本妃代、光宗薫が参戦。初挑戦の遠藤は欅から舞う桜の"スプレーアート"を披露し、「才能アリ」を獲得した。

自宅の古着を子ども服にリメイクする「古着リメイク」の第4弾では、アンミカ、えなこ、近藤千尋、千賀健永、松井愛莉が参加した。

また、この回の毎分世帯最高視聴率は、関西17.1%(夜8時10分)、関東14.7%(夜8時33分)を記録。いずれもスプレーアートのコーナーで、関西では千原ジュニアの、関東では光宗薫の創作風景だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加