難病ALSの人気声優が語る「今思うこと」「リハビリの本当の意味」

難病ALSの人気声優が語る「今思うこと」「リハビリの本当の意味」

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2020/08/01

「ニャンちゅう」などで知られる声優の津久井教生さんが突然転び、異変を感じたのは2019年3月の事。それから半年の検査を経て、9月にALSだと判明しました。10月にALSであることを公表してから9ヵ月近く。幸い声を出すことができ、声優の仕事や講師の仕事を続けていますが、身体が動かなくなっていき、現在は要介護4だとブログでも明かしています。
そんな津久井さんの連載「ALSと生きる」、第8回のテーマは「

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加