Ayumu Imazu、さらなる飛躍を確信させる圧巻のステージ 1stアルバム『Pixel』を経たアーティストとしての進化

Ayumu Imazu、さらなる飛躍を確信させる圧巻のステージ 1stアルバム『Pixel』を経たアーティストとしての進化

  • Real Sound
  • 更新日:2022/11/25
No image

Ayumu Imazuが東阪ツアー『AYUMU IMAZU LIVE 2022 “Pixel”』を東京・Shibuya WWW X(11月23日)、大阪・UMEDA CLUB QUATTRO(11月25日)で開催した。配信シングル「Juice」でメジャーデビューしてから約1年3カ月。1stアルバム『Pixel』をタイトルに銘打ったこのツアーでAyumuは、ダンスとボーカルの両面において、さらにレベルアップしたステージを繰り広げた。

ライブはバックダンサー4人のパフォーマンスからスタート。一瞬の暗転の後、Ayumuが登場し、高いシンクロ率を誇るダンスを見せつけ、会場を埋め尽くした観客から歓喜の声が上がる。1曲目は「Butterfly」。しなやかなビートとメロディ、〈愛の形など捨ててしまえ〉という刺激的なリリックが絡み合い、瞬く間にオーディエンスを魅了する。さらに「今日はみんなで楽しい時間を過ごしましょう!」という声とともに放たれたメジャーデビュー曲「Juice」でポップな解放感を演出。「ACCHI KOCCHI」ではキャッチーな振り付けを披露し、心地よい一体感を生み出した。

ステージ上にはソファやランプ、バスケットボールなどが置かれ、まるでAyumuの部屋のような雰囲気。「やばいね、マジで。ちょっとネックレスからまってるんで、とりあえず直しますね(笑)」と話すと、観客も笑顔に。こういうフレンドリーなやりとりもまた、彼のライブの魅力だ。

「今回は1stアルバムを引っ提げてのライブ。僕もいろんな思いがあるし、みんなもそれを共有してくれてると思います。最後まで楽しむ準備はできてますか!?」というMCの後も、アルバム『Pixel』の収録曲を次々とパフォーマンス。バウンシーに跳びはねるビートを乗りこなしながら「みんな手を挙げて!」「手拍子!」と呼びかけ、フロアの高揚感を引き上げた「Problem」。ラテンのテイストを感じさせるトラック、どこか官能的なボーカルが響き合う「Unpredictable」。〈前へ進め/恐れることは何も無いだろう〉という力強いフレーズを歌い上げたミディアムチューン「Stranger」(TVアニメ『SCARLET NEXUS』第2クールエンディングテーマ)。これらの楽曲を通してAyumuは、アルバム『Pixel』のクオリティの高さ、そして、さらに進化したステージングをしっかりと証明してみせた。「この日のために今年がんばってきた感じがすごくあって。アルバムが自分のなかの大切なピースになって、それをファンのみんなと一緒に共有できることを幸せに思っています」という言葉からも、このライブにかける強いモチベーションが感じられた。

「今の時代は、見たいものだけを見て小さな幸せを見逃したり、自分の理想を追い求めすぎて人を傷つけることもある。そんな思いを込めた曲です」という言葉に導かれたのは、Ayumu自身が作詞・作曲を手がけたアルバムのバラード「破片」。お互いの理想がぶつかってしまい、少しずつ距離が出来てしまう二人の関係を描いたこの曲からは、シンガーソングライターとしての彼の資質が真っ直ぐに伝わってきた。ひとつひとつの言葉に濃密な感情を込めたボーカルはすべての観客の心に刻まれたはずだ。

2度目のダンスブレイク、切なくも儚い恋愛感情を映し出す「薔薇色の夜」からライブは早くも後半へ。「まだまだ盛り上がっていけますか!?」と呼びかけた「Light Up」では低音を強調したトラック、なめらかなボーカルラインによって観客の体を揺らす。圧巻だったのは「Over You」「Tangerine」。4つ打ちをベースに3連のリズムを絡ませたトラック、シックな佇まいのボーカルが共鳴するこの2曲はアルバム『Pixel』の基軸。華やかさと奥深さをあわせ持ったパフォーマンスはまちがいなく、今回のライブのハイライトだった。

「小さい頃から音楽をやっていますけど、最近、自分の音楽で人を引き寄せられてるんだなという実感があって。すごくうれしいです。これからはもっと大きいステージで、もっといい景色をみんなで見たいなと思っていて。“Ayumu Imazuがライブハウスでやっているのを見たよ”というのが自慢話になるくらいビッグなアーティストになるので、みんなついて来てください!」

未来に向けた力強いMCを挟んで届けられた本編のラストは、「Sunshower」(MBSドラマ『永遠の昨日』オープニング主題歌)。孤独や葛藤を抱えながらも、自分を肯定して生きていてほしいという願いを込めた歌が広がり、大きな感動へとつながった。

アンコールの1曲目は、愛知県出身のラッパー・VILLSHANAとともに披露したサマーチューン「WAiKiKi(feat.Ayumu Imazu)」。両者の気の置けない関係性が伝わるステージによって、気持ちいい音楽空間が生まれる。そして最後は、彼自身の作詞・作曲による「Colors」。バックダンサーと一緒に前向きなメッセージを高らかに響かせ、ライブはエンディングを迎えた。

「すごく濃密な1年でした」というメジャーデビュー以降の経験、そして、アルバム『Pixel』のカラフルな魅力を強くアピールしたAyumu Imazu。来年のさらなるジャンプアップを確信させる充実のステージだったと思う。

Ayumu Imazu 「AYUMU IMAZU LIVE 2022 “Pixel”」 Setlist
【2022.11.23 at Shibuya WWW X】
1.Dance Track
2.Butterfly
3.Juice
4.ACCHI KOCCHI
5.Problem
6.Unpredictable
7.Stranger
8.破片
9.Dance Break
10.薔薇色の夜
11.Light Up
12.Over You
13.Tangerine
14.Sunshower
EN1.WAiKiKi(feat. Ayumu Imazu)※GUEST:VILLSHANA
EN2.Colors

【2022.11.25 at UMEDA CLUB QUATTRO】
1.Dance Track
2.Butterfly
3.Juice
4.ACCHI KOCCHI
5.Problem
6.Unpredictable
7.Stranger
8.破片
9.Dance Break
10.薔薇色の夜
11.Light Up
12.Over You
13.Tangerine
14.Sunshower(MBSドラマ『永遠の昨日』OP主題歌)
EN1.Colors

AYUMU IMAZU LIVE 2022 “Pixel” 東京・大阪公演 SETLIST プレイリストhttps://ayumuimazu.lnk.to/Pixel_SETLIST

Array

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加