CREAの“偏愛”特集につづ井描き下ろしマンガ、島崎信長はウイスキーの魅力語る

CREAの“偏愛”特集につづ井描き下ろしマンガ、島崎信長はウイスキーの魅力語る

  • コミックナタリー
  • 更新日:2020/06/06

発売中のCREA6・7月合併号(文藝春秋)では、「偏愛のすすめ。」と銘打った特集を展開。同企画内では、つづ井による描き下ろしマンガ「悲しきジンクス」が掲載されている。

No image

CREA6・7月合併号

趣味に没頭し、推しを生きがいに毎日を全力で生きているつづ井。「悲しきジンクス」ではつづ井がマンガやアニメで好きになったキャラクターにまつわる、あるジンクスについて描かれている。そのほか特集内ではシンガーソングライターの澤部渡が「言葉にできないマンガ」として、初めての感情を味わえるという作品を紹介。ハライチの岩井勇気と、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行も、偏愛するものの1つとしてマンガに触れている。さらに島崎信長は、ウイスキーの魅力についてインタビューで語った。

※島崎信長の崎は、立つ崎が正式表記。

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加