「挑戦者」中央学院大、絶対王者に一歩も引かず 打ち勝って初歓喜

「挑戦者」中央学院大、絶対王者に一歩も引かず 打ち勝って初歓喜

  • 毎日新聞
  • 更新日:2021/11/25
No image

【慶大-中央学院大】六回裏中央学院大1死満塁、逆転となる走者一掃の適時二塁打を放ち、喜ぶ武田=神宮球場で2021年11月25日、前田梨里子撮影

明治神宮野球大会は25日、東京・神宮球場で大学の部の決勝があり、中央学院大(関東第1)が9―8で慶大(東京六大学)を破り、初優勝を果たした。

【写真特集】佐々木麟太郎、高校野球ファンの度肝を抜く一発!

全国の舞台で準優勝が最高の「挑戦者」中央学院大は最後まで一歩も引かなかった。今季、大学野球界で絶対的な強さを見せ、「年間4冠」を目指した王者を相手に、打撃戦を制して初の頂点に上り詰めた。

二回までに4点を先行される苦しい展開だったが、中盤から持ち前の力強い攻撃が目覚めた。五回に左越え2ランを放った佐藤は「引っ張り方向に強く打てる打撃を心がけてきた結果」と胸を張った。1点を追う六回には武田の3点二塁打などで5点を奪ってひっくり返し、逃げ切った。

今秋の千葉県大学リーグ戦では序盤で波に乗れず、神宮大会どころではなかった。現状を打破するため、菅原監督が「自分の打撃スタイルを変えず、バットをたくさん振ろう」と号令をかけ、連日1時間半~2時間、打撃練習を繰り返して調子を取り戻した。今大会は東都リーグ戦で春秋連覇を達成した国学院大を準決勝で破るなど快進撃を見せた。

「山あり谷ありだったが、選手たちは口にしてきた『日本一』の本気度が違った」と菅原監督。新たな歴史を刻んだ。【川村咲平】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加