「岡山の竜」の振り飛車炸裂 菅井竜也八段、渡辺明名人に続き豊島将之九段も撃破 ベスト4進出/将棋・朝日杯

「岡山の竜」の振り飛車炸裂 菅井竜也八段、渡辺明名人に続き豊島将之九段も撃破 ベスト4進出/将棋・朝日杯

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/01/15
No image

将棋の朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメントの2回戦が1月15日に行われ、菅井竜也八段(29)が豊島将之九段(31)に84手で勝利、ベスト4進出を果たした。

【動画】第15回朝日杯本戦 豊島九段-菅井八段

1回戦では渡辺明名人(棋王、王将、37)に逆転勝利を収めた菅井八段は、続けて行われた2回戦でタイトル6期の実績を誇る豊島九段と対戦。後手番から向かい飛車を採用すると、中盤からポイントを稼ぎ、穴熊に囲った豊島玉の攻略に成功。自玉もしっかりと囲った美濃囲いが耐久力に優れ、終始リードを保ったまま快勝を収めた。

菅井八段はタイトル経験もあるが、昨期は早指しの銀河戦で初優勝。プロでは少数派の振り飛車党ながら、堂々たるベスト4進出で、初優勝に向けて前進した。

◆朝日杯将棋オープン戦 持ち時間40分の早指し棋戦。一次予選、二次予選を勝ち抜いた棋士が、シード棋士を含めた計16人で本戦トーナメントを戦う。参加は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人で優勝賞金は750万円。藤井聡太竜王が3回優勝したことでも知られている。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加