ラ・リーガ2部より少ない!ELのマンU対ローマ、スペインでの衝撃の視聴者数が判明

ラ・リーガ2部より少ない!ELのマンU対ローマ、スペインでの衝撃の視聴者数が判明

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/05/02
No image

EL準決勝・第1レグは、後半に攻撃陣が爆発したマンUがローマに大勝した。(C)Getty Images

興味深いデータが公開された。

現地時間4月29日、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝・第1レグで、マンチェスター・ユナイテッドとローマが激突。前半はアウェーのローマが2-1でリードして折り返すも、後半に、ユナイテッドがエディソン・カバーニの2ゴールなど怒涛のゴールラッシュを披露し、6-2の大勝を飾った。

合わせて8ゴールが生まれた名門同士の一戦だが、スペインでの盛り上がりはイマイチだったようだ。現地紙『Marca』によれば、木曜21時に行なわれたこの一戦の視聴者数は34万人だったという。
この数はラ・リーガの日曜14時開催のゲーム史上、最も視聴者数の少なかったアスレティック・ビルバオ対レバンテ(38万9569人)や、今シーズン2部で最も多かったサラゴサ対オビエド(金曜21時、35万8778人)を下回るという。

なお、EL自体の注目度も高くはないようで、今大会で最も視聴されたグラナダ対ナポリ(決勝トーナメント1回戦・第1レグ)でも、同じ時間帯のラ・リーガの平均視聴者数には遠く及ばないようだ。

スペイン勢が絡んでいなかったとはいえ、ELのセミファイナルが2部の試合より視聴者が少ないという事実に、現地メディアも驚いたようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】現地番記者が選ぶ「過去20年のマンU・レジェンドTOP10」を厳選ショットで振り返り!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加