ソフトバンク石川、シリーズ初先発で1勝「テンポ良く投げられた」工藤監督も評価

ソフトバンク石川、シリーズ初先発で1勝「テンポ良く投げられた」工藤監督も評価

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/23
No image

カメラマンの要求に応じてポーズを決める石川(撮影・坂部計介)

「日本シリーズ・第2戦、巨人2-13ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪)

ソフトバンクが打線は15安打13得点、投手陣は盤石の継投策で5安打2失点に抑える完勝。今シリーズ2連勝、日本シリーズ記録を更新する10連勝を飾った。

先発の石川が5回1/3を被安打4、2失点、7奪三振の好投。日本シリーズ初先発で勝利投手となった。

「(第1戦先発の)千賀がいい流れを作ってくれたので、乗っていく気持ちをもってマウンドに上がりました。早い段階で点を取ってもらって水を差すわけにはいかない。テンポ良く投げられたのは良かったと思います」と打線の援護に感謝した。

キレのいい直球、落差の大きいカーブを武器に巨人打線を翻弄(ほんろう)。四回まで1安打無失点の立ち上がりを披露。五回にウィーラーに2ランを被弾、六回は1死から坂本、岡本に連打を浴び、1死一、二塁としたところで、左の丸、亀井を迎えた2番手・嘉弥真に交代した。

嘉弥真は丸を三振に仕留めると、巨人ベンチの代打・石川に対し、三番手高橋礼を投入。代打の代打・田中俊に四球を与えて満塁としたが、続く中島を三振に仕留めてピンチを切り抜けた。

工藤監督は「よくゲームを作ってくれたと思いますし、日本シリーズの先発のマウンドは緊張感もあるでしょうし、体が思うように動かないこともある中で立ち上がりからしっかり投げてくれたのは大きかったと思います」と石川を評価した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加