日本ハムD6位・長谷川威展が初ブルペンで立ち投げ31球「強い球を意識」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/01/15

日本ハムのD6位・長谷川威展投手(22)=金沢学院大=が15日、鎌ケ谷スタジアムでの新人合同自主トレで初めてブルペン入りした。立った捕手を相手に31球を投げ、感覚を確かめた。

「強い球を投げるのを意識したが、まずは傾斜に慣れること。(体が)突っ込まないことを意識して投げました」

サイドハンド気味の独特の角度から切れのある球を投げ込む技巧派左腕。D8位・北山(京産大)とともに、日本ハムの新人では一番乗りでのブルペン入りとなった。「キャッチボールから傾斜を意識していたので久々の傾斜にもびっくりすることなく投げることができました」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加