大関正代「悪いところばかり。思っている以上に体が動いていない」防戦一方で押し出され6敗目

大関正代「悪いところばかり。思っている以上に体が動いていない」防戦一方で押し出され6敗目

  • 日刊スポーツ(バトル)
  • 更新日:2022/05/14
No image

北勝富士(手前)に押し出しで敗れた正代(撮影・野上伸悟)

<大相撲夏場所>◇7日目◇14日◇東京・両国国技館

大関正代(30=時津風)は2勝目が遠い。平幕の北勝富士に押し出されて6敗目を喫した。

立ち合いからのど輪で起こされると、密着できずに突き放されて防戦一方だった。

4日目に初日を出したが、中盤戦から6連勝して立て直した先場所のように勢いが続かない。

大関在位10場所目。不振の看板力士は「そんなに甘くなかった。(初日を出して流れが)変わると思ったが、悪いところばかり。体調的には問題ないと思うけど、きっかけがつかめていない感じがします。思っている以上に体が動いていない。精神的にも落ち着きがない。どこかで切り替えられたら」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加