来秋ドラフト候補の市和歌山商・小園「次もしっかり」5安打11K完投でセンバツ王手

来秋ドラフト候補の市和歌山商・小園「次もしっかり」5安打11K完投でセンバツ王手

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/19
No image

9回1失点11Kと力投した小園(撮影・永井優花)

「秋季高校野球近畿大会・1回戦、市和歌山2-1東播磨」(18日、わかさスタジアム)

来秋ドラフト目玉候補で最速152キロの市和歌山・小園健太投手(2年)が、5安打1失点、11奪三振で9回完投。東播磨のエース・鈴木悠仁投手(2年)との好投手戦を制し、センバツ当確へ王手をかけた。

初回を三者凡退に封じる上々の立ち上がりを見せると、二回の最後の打者から4者連続三振を奪うなど、ムダのない投球で相手を圧倒。五回こそ連打で失点を許したが、「ランナー、先頭を出さないようにということがうまくできたから、1点に抑えられたと思う」と、五回以外は三塁すら踏ませず。

「自分は三振を多く取るピッチャーではないですが、今日は真っすぐでしっかりカウントを取って、カットボールとツーシームで三振、空振りが取れたのでよかったです」と納得の表情を見せた。打線も、先制された直後の六回に、5番・田中省吾外野手(2年)のソロ弾などですぐさま逆転。エースの力投を支えた。

次戦に勝てば、目標に掲げるセンバツ出場が見えてくる。小園は「今日の結果に満足せずに次もしっかりと勝てるように。自分がしっかりしないといけない」と気を引き締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加