契約業務を電子化!埼玉県児玉郡美里町「クラウドサインforおまかせはたラクサポート」を導入、NTT東がセールスパートナー

契約業務を電子化!埼玉県児玉郡美里町「クラウドサインforおまかせはたラクサポート」を導入、NTT東がセールスパートナー

  • Techable
  • 更新日:2023/01/25

埼玉県児玉郡美里町は、2023年2月1日から弁護士ドットコムのサービス「クラウドサインforおまかせはたラクサポート」の導入を開始します。

APIで既存システムとの連携も可能

No image

「クラウドサインforおまかせはたラクサポート」は、弁護士ドットコムがNTT東日本向けOEM提供のクラウド型電子契約サービス。契約書をWEBにアップロードしメールを送信するだけで契約締結を完了させることができます。

従来の紙と印鑑の使用をクラウドに置き換えて、契約作業をオンラインで完結でき、作業時間や業務負担を減らします。書類の受信者は、クラウドサインに登録する必要はありません。

また、「クラウドサインforおまかせはたラクサポート」はAPIを提供しているため、既存業務効率化サービスと組み合わせて使用することも可能です。

地方自治体の契約業務を効率化

弁護士ドットコムは埼玉県児玉郡美里町への導入をはじめとして、セールスパートナーのNTT東日本と共に、これまで書類や対面で行っていた契約業務全般をデジタル化。業務の最適化とDX施策の加速を目指します。

自治体の業務をデジタル化することで、市民や自治体職員の利便性向上、事業者の契約業務にかかる効率化やコスト削減も見込まれます。

また、弁護士ドットコムが提供するクラウドサインは、地方自治体における電子契約サービスの導入数No.1(※1)、自治体導入シェア率約70%(※2)の電子契約サービスとして、これからも電子契約化を推進していくとのことです。

※1:国内主要電子契約サービス提供5社がHP等で公表する導入自治体数を自社で比較(2022年10月26日時点)
※2:全国の自治体が公開している公募、入札、プロポーザル情報を自社で比較(2022年10月26日時点)

PR TIMES:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000277.000044347.html

(文・優花子)

tokui

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加