阪神先発・秋山は六回途中3失点 今季6勝目の権利持って降板

阪神先発・秋山は六回途中3失点 今季6勝目の権利持って降板

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/09
No image

マウンドで集中力を高める阪神・秋山拓巳=札幌ドーム(撮影・三浦幸太郎)

(セ・パ交流戦、日本ハム―阪神、2回戦、9日、札幌D)先発した阪神・秋山拓巳投手(30)は5回⅔を投げて7安打3失点。今季6勝目の権利を持って降板した。

秋山は一回、先頭の浅間に中前打。その後、2死二塁とされると近藤に左翼線に適時二塁打を浴び、先制点を許した。それでも、味方打線が五回までに9点と大量の援護点をプレゼントすると、粘り強い投球をみせた。五回に1点を失うと、六回には2死一、二塁から清水に左前へ適時打を許したところで、マウンドを降りた。

試合結果へプロ野球日程へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加