元日の鹿児島市で妻と11カ月の娘を殺害した容疑で33歳の男を逮捕

元日の鹿児島市で妻と11カ月の娘を殺害した容疑で33歳の男を逮捕

  • KTSニュース
  • 更新日:2022/01/14
No image

鹿児島テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

1月1日、鹿児島市の住宅で母親と生後11カ月の娘の親子が遺体で見つかった事件で、警察は14日、父親の33歳の男を殺人の疑いで逮捕しました。

殺人の疑いで逮捕されたのは鹿児島市吉野町の理学療法士、古市章人容疑者(33)です。

警察によりますと古市容疑者は1月1日、自宅で妻の古市真穂さんと生後11カ月の長女明里ちゃんの首を包丁で突き刺し、失血死させた疑いがもたれています。

古市容疑者は水を張った状態の浴槽で自分の首や胸を刺したとして病院で治療を受けていて、回復を待って14日の逮捕に至りました。

古市容疑者は「妻と長女の首を包丁で刺して殺したことに間違いない」と容疑を認めているということです。

警察は、古市容疑者が無理心中を図った可能性を視野に動機や当時の状況などについて詳しく調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加