【甲子園】京都国際はサヨナラ負けで初戦敗退 プロ注目左腕・森下は3回4失点も笑顔で甲子園去る

【甲子園】京都国際はサヨナラ負けで初戦敗退 プロ注目左腕・森下は3回4失点も笑顔で甲子園去る

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

◇第104回全国高校野球選手権大会・1回戦 京都国際5ー6一関学院(2022年8月6日 甲子園)

No image

<第1日 第3試合 一関学院・京都国際>あいさつを終えベンチに戻る京都国際・森下(中央) (撮影・奥 調)

京都国際はサヨナラ負けで一関学院に敗れ、初戦で姿を消した。

先発したプロ注目左腕・森下瑠大(3年)は立ち上がりから苦しみ、3回4失点で降板。それでも後を継いだ森田大翔(3年)や松岡凜太朗(2年)が力投し、打線も8、9回に計4点を奪って土壇場で延長戦に持ち込んだ。

だが、5-5の延長11回に3番手・松岡が打たれ、粘りも及ばず初戦で甲子園を去ることになった。

昨夏、甲子園4強入りの原動力となった森下は5月に左肘を痛め、京都大会の登板は準決勝、決勝の2試合のみ。それでも決勝の龍谷大平安戦は先発で6回1失点と状態を上げていたが、甲子園では本調子とはいかなかった。それでも試合後には涙する仲間に笑顔で肩をたたくなど、さわやかに聖地を後にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加