【京都スイーツ】期間限定かき氷必食☆和菓子の老舗『とらや』の極上空間「虎屋菓寮」

【京都スイーツ】期間限定かき氷必食☆和菓子の老舗『とらや』の極上空間「虎屋菓寮」

  • Kyotopi [キョウトピ]
  • 更新日:2021/06/11

おおきに~豆はなどす☆今回は上京区、御所西にある和菓子の老舗『とらや』の極上空間とも言うべき菓寮。すでにかき氷を提供されていて、中でも季節限定かき氷に注目。

和菓子の老舗『とらや』のかき氷始まってます!

No image

東山区祇園、歌舞伎発祥の地・京都の看板ともいえる劇場『京都南座』。400年以上この地で歌舞伎を上演し、日本最古の歴史と伝統を持つ劇場と言っても過言ではないほど。この祇園界隈のランドマークでもあります。先日南座で行われた歌舞伎公演。

No image

その劇場内に和菓子の老舗『とらや』の喫茶室があるんですが、そこで見かけたかき氷メニュー。この時は時間なく食べ損ねたわけですが、また日を改めて、本店でいただこうと思っていたわけですが。

No image

そんな折、連日夏日だったり真夏日だったりする昼下がり。ちょうどかき氷日和だろうと、上京区の御所西、烏丸一条にある『虎屋菓寮』へやってきました。

No image
No image

すでに涼しげな『氷』の暖簾。

No image

さらに涼やかなメニューが並んでいます。

No image

店内入ってスグの場所に淡い色合いのバラですかね。涼やかな配色で飾られていました。

No image
No image

店内はテラス席も室内席も空いていて、お好きな席にどうぞ、ということで、室内に。

No image

もともとテーブルとテーブルの間の空間を広めに取られていた印象でしたが、このコロナ禍でさらに広く配置。なので、大きめのテーブルを独り占めするような、そんな状態でした。テーブルにはこんな注意書きも。

No image

長い庇も設けられたテラス席は、新緑にも囲まれ涼やかな雰囲気でした。

No image

さらに、ここにも生け花。
店内には、他トイレ前にも生け花があり、いずれも見事でつい見入ってしまうような、そんな花たち。

No image

そしてメニュー。

今日の季節の生菓子です~と本物の見本を持ってこられて説明していただきました。ちょうど季節の『紫陽花』を注文される方が多かった印象です。

No image

さらに季節の羊羹も。この四角い羊羹の中に季節感を演出しているところに、老舗の凄さを感じます。

No image

さらに食事メニューも。

No image

そして、お目当てのかき氷メニュー。

No image

大体、いつも来店すると王道の宇治金時を注文することしばしばですが。

とらやさんの宇治金時はお抹茶濃厚で、さらに中の餡子が絶品。なので、これを超えるものはないだろうと、ついいつもこれになりがち(笑)

No image

ですが、今回はこちらの期間限定メニュー『ぶどう氷』1210円。6月1日~7月31日までの提供。

ちょうど紫陽花シーズンということもあって、このぶどうの紫色にも似た印象で魅かれ、ぜひ食べたい!と。

No image

なんでも、長野県産のぶどうを使用し、果実味豊かな蜜とやわらか食感のぶどう羹、さらに自慢のこし餡が氷の下に埋め込まれているとか。

No image

そして、おしぼりとひざかけナプキン、冷たい麦茶が添えられました。

No image

しばらくして登場したこちらがぶどう氷。

No image

うっとりする造形美。さらに、この天然ぶどう色の山。その山裾に添えられた濃いめの色合いのぶどう羹。シンプルながら上品な出で立ちのぶどう氷。

No image

こういうところに心鷲づかみされてしまいます(笑)メッセージ入りの短冊。虎屋マークもあります。

押しも押されぬ名店なのに、『当店をお選びいただき光栄です。』なんて。終始ホスピタリティー最高で、心地よい時間が過ごせる心遣い。もう一生付いていきます!!て叫んでしまいそうな衝動(爆)

No image

で、ぶどう氷実食。
ちょっと崩さないよう恐る恐るスプーンを差し込んで。氷ふわふわ。ぶどうの味は、まさしくフレッシュ感抜群で、甘さはもちろんですが、ぶどう特有の酸味とほのかな渋み、そしてコクも感じられます。これは美味い!

No image

ぶどう羹はプリッとした食感の中に、かき氷以上に感じるぶどう果汁。で、若干個人的にシュワッとした微炭酸的味わいも感じましたが。クオリティー高いぶどう羹です。これだけ単体で夏季限定で売店でも販売してくれないかな、と(笑)

No image

さらに食べ進めると、同系色ながら、中からこし餡が登場。ぶどう氷にも増して極上の美味しさ。ねっとりと艶やかに練り上げた餡は舌の上で滑らかに溶け、後味に小豆本来の風味も残っています。いったん漉した後さらに練り練りに練り上げたんだろうな、と。さすがのとらやさん。

最高のホスピタリティーと絶品のかき氷。ただ単に味覚だけを満たされた、というのではなく、お花やお庭、空間も楽しめ、充実した時間を過ごせること間違いなし。ちょっとしたエステにきたような、そんな心地よさが味わえます。ご賞味あれ!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

■店舗名
虎屋菓寮 京都一条店
■住所
京都府京都市上京区一条通烏丸西入
■電話番号
075-441-3113
■営業時間
10:00~18:00 (L.O.17:30)
■定休日
年中無休 (元旦を除く)
■禁煙・喫煙
完全禁煙
■駐車場
有(一条通り=お店正面玄関前は、車椅子の方専用駐車場。)
■詳細ページ
https://www.toraya-group.co.jp/

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加