元日本代表FW前園真聖氏、先発起用・前田大然の活かし方を指摘 クロスは「低いボールでニアサイド」

元日本代表FW前園真聖氏、先発起用・前田大然の活かし方を指摘 クロスは「低いボールでニアサイド」

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/09/23
No image

アメリカ戦でスタメンとなったFW前田大然【写真:Getty Images】

試合を中継するフジテレビ副音声で前園真聖氏が登場

森保一監督率いる日本代表は9月23日、ドイツ・デュッセルドルフでのキリンチャレンジカップでアメリカ(FIFAランキング14位)と対戦。試合を中継するフジテレビで、元なでしこジャパン(日本女子代表)FWでタレントとして活躍する丸山桂里奈さんと副音声を担当する元日本代表FW前園真聖氏が、先発起用されたFW前田大然の活かし方について語っている。

カタール・ワールドカップ(W杯)の最終登録メンバー発表前までに行われる強化試合は、今回のアメリカ戦と27日のエクアドル戦の2試合を残すのみとなっている。この2試合は、最終的なメンバー選考に大きな影響を与えることは間違いないが、同時にカタールW杯で初のベスト8進出を目指すチームの強化としても重要な試合だ。

迎えたアメリカ戦では序盤から日本がポゼッションを高める展開のなか、DF中山雄太のクロスの場面にフォーカス。惜しくも反応した前田にはつながらなかったが、このシーンについて前園氏は、「今のは高いハイボールだったけど、大迫とかがいるわけではない。この時、前田はファーではなくニアに走っていた。あれを見ながら低いボールでニアサイドに蹴れるようになってくるとまた変わってくる」と指摘していた。

さらにその後、同様の展開でニアに速いクロスが供給され前田が飛び込むシーンが訪れると、「これなんですよ!」と切り出し、「前田の場合はこれなんですよ。最悪前で潰れてもファーサイドに誰かいたり。今は鎌田いましたね」と解説。「前田は一瞬のスピードで相手の前に入れる。今みたいなシーンが作れるとチャンスが増える」と日本の攻撃に賛辞を送っていた。(FOOTBALL ZONE編集部)

FOOTBALL ZONE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加