「それぐらいの覚悟をもって日本ゴールを守らないと」権田修一

「それぐらいの覚悟をもって日本ゴールを守らないと」権田修一

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/11/25
No image

FIFAワールドカップカタール2022。11月23日に行われたドイツ代表との一戦で劇的な勝利を収めた日本代表。

ビッグセーブを連発した日本代表のGK権田修一選手が、試合後のインタビューでゲームを振り返り、サポーターへの思いを語りました。

Q:振り返って
権田:僕がPKを与えてゲームプランは狂っちゃいましたけど。ああやってロースコアで我慢してればチームが逆転してくれると信じていたので、後半ピンチも多かったですけど、皆が体張ってくれてたので本当に守れて良かったです。

Q:ビハインドの場面での心情
権田:僕ら日本代表は今回ベスト8目指すということで初戦のドイツは厳しい相手ですけどしっかり乗り越えなきゃいけないというのは来る前からすごい自分の中でこの試合が大事だっていうのはわかっていました。
その中で僕のミスというかPK当ててしまったことで失点してしまったのでそれ以上与えられないですし、それぐらいの覚悟もって日本ゴールを守らないとJリーグにしろほかのゴールキーパーにしろ同じポジションを争っているシュミット選手や川島選手に申し訳が立たないので当然苦しかったですけどしっかり切り替えて前を向いてできて良かったと思います。

Q:初めてのワールドカップでしたが
権田:案外緊張しなかったですね。やっぱりサッカーはサッカーだなって思いました。今までずっとどんな時もJリーグでもどんな試合でも自分がそこの場でしっかりプレーするんだっていうのを常にやってきてそれがこの場でも落ち着いて逆にプレーできたっていうことが今までやってきて良かったなと思います。ここからまだ、とはいえ終わっていないのでコスタリカ戦で勝ちたいですけど、課題も僕自身たくさんあるのでしっかり修正していきたいと思っています。

Q:コスタリカ戦への思い
権田:初戦勝ってこの後連敗して予選敗退したら何も意味がないので日本は今皆さんのおかげでメディアの方のおかげで盛り上がっていると思うので、これを僕らが目指している新しい景色―ベスト8以上をしっかり果たせるようにまたしっかりやっていきたいなと思います。

Q:多くの声援があったが
権田:今日試合をやっていて徐々に空気が変わっていくのが本当に面白かったという言い方が良いかわからないですけど、最初は皆さんドイツを見に来ている現地のサポーターの方たちもいましたけどやっぱり日本の方がこんなにたくさん来てくれると思っていなくて半面ぐらい日本のサポーターで埋め尽くされていたんでそういう方々が声を出してくれて僕らにわざわざカタールまで来てサポートしてくれてそのおかげでスタジアムの雰囲気が変わったと思いますし、終盤は僕らピッチの中の選手もそうですけど、いろんなサポーターの方、そしてテレビの向こうでもたくさんの方が見てくれていたと思いますしそういうパワーを感じたおかげで最後守れたと思います。

Q:サポーターに一言
権田:本当にありがとうございますっていう一言しかないんですけど、僕らが目指しているところはドイツ戦の勝利だけではないので、また次は日本時間は早めなんですけど最終戦・3戦目は明け方4時とかなのでちょっと厳しいかもしれないですけど、どんな時間でも僕らファイトするので声援を送ってもらえたらと思います。

「絶対勝てるんだって気持ちを持って、チャレンジする」権田

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加