【写真】クリステン・スチュワート、冒険的な27のヘアスタイル。

【写真】クリステン・スチュワート、冒険的な27のヘアスタイル。

  • フィガロジャポン
  • 更新日:2021/09/15

映画『スペンサー』でダイアナ妃役を演じたクリステン・スチュワートは、公私にわたって冒険的なヘアスタイルを見せてきた。そんな彼女の髪型遍歴を一挙紹介!

【記事本文】クリステン・スチュワート、ダイアナ妃のブロンドから赤毛に。

初期の成功を収めたナチュラルブロンド

No image

12歳の頃、ナチュラルなカラーでのボブ。(デヴィッド・フィンチャー監督の映画『パニック・ルーム』公開記念記者会見。ロサンゼルス、2002年)

photo: Abaca

最初のカラーリング

No image

映画『コールド・クリーク/過去を持つ家』のプレミア上映のため、赤褐色を帯びたロングヘア。(ロサンゼルス、2003年9月)

photo: Abaca

バルドーのシニヨン

No image

映画『イントゥ・ザ・ワイルド』のプレミア上映でファム・ファタール風に。(ロサンゼルス、2007年9月)

photo: Abaca

毛並みを乱したルック

No image

MTVミュージック・アワードでは、ボリュームをつけて。(ロサンゼルス、2009年5月)

photo: Abaca

先細のショートカット

No image

ティーン・チョイス・アワードでは、かつて大流行していたマレットヘアを。(アメリカ、2009年8月)

photo: Abaca

シャギーの入ったレイヤード・ボブ

No image

映画『トワイライト』のファンミーティングでのゴシック・シックなルック。(ドイツ、2009年11月)

photo: Abaca

90年代のグランジ風ウェーブ

No image

映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』プレミア上映で、ハリウッド流のウェーブしたたてがみ。(ロサンゼルス、2009年11月)

photo: Abaca

カッパーブロンド復活

No image

アメリカのトーク番組『レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン』でカッパーブロンドのハイライトを入れている。(ニューヨーク、2010年6月)

photo: Abaca

盛り上がったモコモコのポニーテール

No image

映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』のプレミア上映で素敵なポニーテールを披露。(ベルリン、2012年11月)

photo: Abaca

バック・トゥ・ザ・ローリング・トゥウェンティーズ

No image

ウディ・アレン監督の映画『カフェ・ソサエティ』に登場する1920年代のボブ。(2015年8月)

photo: Abaca

撫でつけたストレートヘア

No image

オリヴィエ・アサイヤス監督の映画『パーソナル・ショッパー』での、とてもロックな立体感。(2015年)

photo: Abaca

ウェットヘアの効果

No image

ニューヨーク映画批評家協会賞でのビーチから戻ったようなスタイル。(ニューヨーク、2016年1月)

photo: Abaca

前下がりののウェーブヘア

No image

サンダンス映画祭でのセクシーなウェービーヘア。(パークシティ、2016年1月)

photo: Abaca

プラチナブロンドのボブ

No image

カンヌ国際映画祭では、とてもパンクなプラチナブロンドのボブ。(カンヌ、2016年5月)

photo: Abaca Press

金色のカールヘア

No image

カンヌ国際映画祭ではブロンドのボブ。根本は暗くシャドールーツに。(カンヌ、2016年5月)

photo: Abaca Press

暗い根元を見せるヘアスタイル

No image

映画『カフェ・ソサエティ』記者会見ではブロンディのボーカル、デボラ・ハリーに似たヘアスタイル。(ニューヨーク、2016年7月)

photo: Abaca Press

ロカビリー風のシニヨン

No image

映画『ビリー・リンの永遠の一日』のプレミア上映でロカビリー風ルック。(ニューヨーク、2016年10月)

photo: Abaca Press

ブリーチした髪色にボーイッシュなカット

No image

ニューヨーク映画祭での中性的なヘアスタイルがとても良く似合っている。(ニューヨーク、2016年10月)

photo: Abaca Press

G.I.風カット

No image

ヘアスタイルのクーデター:クリステン・スチュワートは映画『パーソナル・ショッパー』のプレミア上映前に坊主頭で登場。(ロサンゼルス、2017年3月7日。)

photo: Abaca Press

ブリーチしたピクシーカット

No image

クリステン・スチュワートはしばしば、シャネルの香水「ガブリエル」の発表会でのように思い切り短いヘアスタイルにする。(ロサンゼルス、2017年3月7日)

photo:Getty Images

パンクなミニ・とさかヘア

No image

監督した『Come Swim』のプレミア上映会で、パンクなとさかはブリーチしたブロンドに。(ロサンゼルス、2017年11月9日)

photo:Getty Images

マレットヘア

No image

髪を伸ばしかけの時期、シャネルの2018-19年クルーズコレクションショーに参加した時のマレットヘア。(パリ、2018年5月3日)

photo:Getty Images

バナナ・ウェーブ

No image

第71回カンヌ国際映画祭の審査員を務めたクリステン・スチュワート。映画『誰もがそれを知っている』の上映にて、ウェーブのかかった髪の房を洗練されたバナナのようにセット。(カンヌ、2018年5月8日)

photo:Getty Images

短い“coiffé-décoiffé(コワッフェ・デコワッフェ)”

No image

amfAR のガラでは“coiffé-décoiffé(コワッフェ・デコワッフェ)”に挑戦:おくれ毛は自由に、残りの髪はメタリックな髪留めできっちりと抑えている。(カップ・ダンティーブ、2018年5月17日)

photo:Getty Images

ショートカットのカーリーヘア

No image

カンヌ国際映画祭閉会式で、クリステン・スチュワートは短いレングスで遊び、ロマンティックなカーリーヘアを作った。(カンヌ、2018年5月19日)

photo:Getty Images

ブリーチしたボーイッシュなカット

No image

プラチナブロンドに戻し、ベリーショートに。(トロント、2018年9月15日)

photo:Getty Images

ボーイッシュなカット。髪の束をブロンドにカラーリングし根元の暗い髪色はそのまま。

No image

ブリーチした髪をまた短くカットし、根元の暗い髪色はそのままにしている。アカデミー賞の前に行われたシャネルの夕食会で。(ビバリーヒルズ、2019年2月23日)

photo:Getty Images

text : Justine Feutry(madame.lefigaro.fr)

フィガロジャポン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加