「こんなサクセスストーリー聞いたことがない」デビュー2戦目でブンデス初ゴールの上月壮一郎に元日本代表FWも感嘆「夢を諦めずに夢を掴みつつある」

「こんなサクセスストーリー聞いたことがない」デビュー2戦目でブンデス初ゴールの上月壮一郎に元日本代表FWも感嘆「夢を諦めずに夢を掴みつつある」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2023/01/25
No image

李が上月(写真)の活躍ぶりを称えた。(C)Getty Images

かつてのチームメイトの活躍に目を細めた。

アルビレックス新潟シンガポールに所属する元日本代表FWの李忠成が1月25日、自身のツイッターを更新。京都時代に2020年から2年間、共にプレーした上月壮一郎について綴った。

「サンガの時から好きな後輩の1人」

その後輩は21年に京都を契約満了で退団。その後はドイツに渡り、下部リーグで研鑽を積みながら、昨年末にシャルケのトップチームと契約。ウインターブレイク明けのフランクフルト戦(0-3)でデビューを飾ると、続くライプチヒ戦(1-6)でブンデス初ゴールをマークした。
【動画】グバルディオルを振り切りゴール!上月のブンデス初弾をチェックその成り上がりぶりを、李も嬉しく思っているようだ。

「夢を諦めずに夢を掴みつつある。こんなサクセスストーリー聞いたことがない」

先輩を感嘆させた22歳アタッカーは、欧州を舞台に次はどんな驚きをもたらすか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加