RIP SLYME再起不能!? “イジメ疑惑”否定も「扱いが酷かったのは事実」

RIP SLYME再起不能!? “イジメ疑惑”否定も「扱いが酷かったのは事実」

  • まいじつ
  • 更新日:2021/11/25
No image

(C)Ollyy / Shutterstock

現在活動休止中のヒップホップグループ『RIP SLYME』。先日、メンバーのPESが脱退していたことを明かし、闇の深さが浮き彫りになったが、今度は残っている現メンバーが彼の脱退に言及し、再び話題を集めている。

【関連】今年の『紅白』はセクハラ祭り? BiSHと純烈の出場に疑問の声ほか

「RIP SLYME」の現メンバーであるRYO-Z、ILMARI、FUMIYAは11月22日、YouTubeへ『ご心配をお掛けした件について』というタイトルの動画を投稿。RYO-Zは「報道などで言われるような、イジメがあったとか、そういった事実は一切ありません」と断言。また、今後は3人で活動したいとの展望も語った。

「騒動の発端は、PESが自身の公式サイトでグループ脱退の事実を明かしたこと。彼は現メンバーへの不満を語り、同時にイジメに遭っていたことも暴露しました。それから数十日が経過して、現メンバーが動画を投稿。タイムラグがあったのは、この事態を傍観すべきか悩んでいたからでしょう。動画からは、どことなく焦っている様子も窺えます」(芸能ライター)

言い訳はもう遅い? 再起不能の『RIP SLYME』

ネット上では、

《発表まで遅すぎる。つまりそういう所だよね》《今さら謝られたり否定されたところで、なんか信用できないわ…》《イジメはしてないって言ってるけど、PESの扱いが酷かったのは事実でしょ?》《本人たちはイジメてなくても、された側が嫌な気持ちになってたりするよね》《「僕たちはなかったと思います」って言ってるのがもうダメ。受けた本人が嫌な思いしてたらイジメだから》

など、「RIP SLYME」現メンバーへの指摘が相次いでいる。

「彼らの動画が投稿された翌23日、PESは自身のツイッターに《なんか私、めちゃくちゃイジメられてた人みたいになっていて恥ずかしいんですがあの流れだと仕方ない》《私は5人揃って皆さんの前で『ありがとうございました!』と頭を下げて、笑顔で終わりたかった》などと投稿。どうやら、これ以上メンバーと争う気はないようです」(同・ライター)

もはや信頼を取り戻せないところまで来てしまった「RIP SLYME」。彼らが活動を再開する日は訪れるのだろうか…。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加