ジャニーズ事務所、再発防止チーム設置 性加害問題で―社外取締役も選任

  • 時事通信社
  • 更新日:2023/05/26

ジャニーズ事務所は26日、故ジャニー喜多川前社長による性加害問題を受けて「外部専門家による再発防止特別チーム」を設置すると発表した。前検事総長の林真琴氏や精神科医の飛鳥井望氏ら3人が、事務所のガバナンス(企業統治)上の問題点を把握し、再発防止策の策定と提言を行う。

また、経営改革の推進を担う社外取締役として、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表のヘッドコーチを務めた元プロ野球選手の白井一幸氏ら3人が7月1日付で就任する。

このほか、現所属タレントと退所者を対象にした、心療内科医らによる相談窓口を今月31日に開設。「外部機関」として運営し、プライバシーに配慮しながら心の問題のケアを行うという。

時事通信社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加