唯一の国立 和歌山大、名門慶大に惜敗 「我慢とミスしないことが大事」

唯一の国立 和歌山大、名門慶大に惜敗 「我慢とミスしないことが大事」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/09
No image

慶大対和歌山大 2-4で敗れ無念の表情で引き揚げる和歌山大・安田(左)ら(撮影・野上伸悟)

<全日本大学選手権:慶大4-2和歌山大>◇9日◇2回戦◇神宮

和歌山大が名門慶大(東京6大学)相手に接戦を演じた。先制されたが、3回に主将安田圭吾捕手(4年=駒大苫小牧)の適時打で同点に追いつき、先発瀬古創真投手(4年=水口東)が7回に3点を失っても、8回に1点を返すなど最後まで粘り強く戦った。

大原弘監督(56)は「勝ち越すには我慢をすることとポイントでミスしないことが大事だと感じました」と振り返った。目標の4強には届かなかったが、今大会唯一の国立大代表の意地は見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加