サクラマチ・花畑地区の歴史サイン いったん撤去へ【熊本】

サクラマチ・花畑地区の歴史サイン いったん撤去へ【熊本】

  • TKUテレビ熊本
  • 更新日:2021/09/15
No image

テレビ熊本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

15日の市議会・都市整備委員会で熊本市は、桜町・花畑地区に整備した35枚の「歴史サイン」を、11月上旬の桜町・花畑地区全体の供用開始までに撤去し展示方法を再検討することを明らかにしました。

改善案として「直接踏むことがないようにガラスなどをかぶせる」「サインを1カ所に集約する」など5つを示し、撤去費用を150万円と試算しています。

歴史サインをめぐっては、明治天皇の行幸などの記載があることなどから「歴史が踏みにじられると考える人もいる」などの指摘が数件寄せられ、市は5月からコーンで囲って見えない状態にしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加