関東王者の健大高崎は下関国際と対戦 初日第3試合

関東王者の健大高崎は下関国際と対戦 初日第3試合

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

昨秋関東大会、高崎健康福祉大高崎対常総学院 11回表高崎健康福祉大高崎2死、小沢は右越え本塁打を放ち笑顔を見せる(撮影・鈴木正人)

<センバツ高校野球:組み合わせ抽選会>◇23日

3月19日に開幕するセンバツ大会の組み合わせ抽選会がオンラインで行われ、昨秋関東大会を制した高崎健康福祉大高崎(群馬)は第1日第3試合で下関国際(山口)と対戦することが決まった。

高崎健康福祉大高崎は強打が武器。昨秋高校通算35本塁打の小沢周平主将(2年)を中心に、練習試合を含めた部員の総通算本塁打は230本を超える。

◆高崎健康福祉大高崎 1968年(昭43)群馬女子短大付として創立の私立校。01年に共学化し現校名。野球部は01年に創部。部員58人。甲子園は春が5度目、夏は3度出場。最高成績は12年春の4強。主なOBは中日三ツ間卓也投手、阪神長坂拳弥捕手、巨人湯浅大内野手、巨人山下航汰外野手ら。所在地は高崎市中大類町531

◆下関国際 1964年(昭39)に下関電子工業高等学校として開校の私立校。下関高等学校を経て93年に現校名。野球部は65年創部。部員41人。甲子園は春が2度目、夏は2度出場。最高成績は18年夏の8強。OBに元ロッテの宮崎敦次投手。所在地は下関市大字伊倉字四方山7

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加