現在リーグ3冠、福岡六大学のスラッガーが大勝負「負けっぱなしで終われない」

現在リーグ3冠、福岡六大学のスラッガーが大勝負「負けっぱなしで終われない」

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2022/05/14
No image

福岡六大学野球の春季リーグ戦(西日本新聞社後援)の最終週が14日から福岡市の九産大野球場で行われる。九共大が2018年秋以来のリーグ優勝へ王手をかけ、春のリーグ戦8連覇(20年は中止)を目指す九産大と直接対決。優勝チームは6月6日からの全日本大学野球選手権大会(神宮、東京ドーム)への出場権を獲得する。

◇   ◇

「何が何でも九産大を倒して全国に行きたい」と闘志を燃やすのは九共大の大上だ。今季は9戦全試合でヒットを放ち、打率5割5分2厘、16打点、5本塁打と13日現在のリーグ3冠の左打者。打順もリーグ前半の6番から後半は5番になり、チームをバットで引っ張っている。

強肩強打の遊撃手は好調の要因を「コンパクトに力強くスイングするイメージで打席に立っている。タイミングの取り方も変えて、ボールをじっくり待てるようになった」と自己分析する。

野球人生を通じて全国大会への出場経験がない大上にとって、最大の壁として立ちはだかるのが九産大のエース渡辺だ。高校3年の夏、北福岡大会準々決勝で渡辺が投げた北九州高に1-14で敗れ、自身も4打数無安打という悔しさを味わった。自身初となる全国の舞台への道を開く決戦を前に「チャンスで回ってきたら絶対に打つ」と、雪辱を誓う。

チームは通算43回のリーグ制覇を誇る強豪だが、2018年秋に優勝したのを最後にリーグ優勝から遠ざかっている。上原忠監督が「永遠のライバル」と認める九産大に優勝回数も昨秋に抜かれ2位となった。大上は部員全員の気持ちを代弁するかのように「負けっぱなしで終わることはできない。九産大を破って全国の舞台に立ち、このチームで日本一になりたい」と気迫をみなぎらせた。(山崎清文)

◆大上海璃(おおがみ・かいり)2000年7月2日生まれ。北九州市出身。光貞小2年から「光貞ジェッターズ」で軟式野球を始め、浅川中では硬式の「ヤング北九州若松アンビシャス」で遊撃手。自由ケ丘高から九共大に進み、2019年に新人賞。同年春と20年秋にベストナインを獲得。178センチ、85キロ。右投げ左打ち。

九共大と九産大、優勝の条件

最終週を前に九共大が勝ち点4で単独首位。続くのは九産大。同じ勝ち点3で並ぶ日経大を勝率で上回る。最終週は九共大と九産大が直接対決。九共大は1勝すれば勝ち点4のままでも勝率で上回り、優勝する。九産大は2連勝すれば勝ち点4で並び、勝率で上回って優勝となる。日経大は福工大との対戦で2連勝して勝ち点を4に伸ばしても、勝率で首位に立てないため2位以下が確定している。試合は動画投稿サイト「ユーチューブ」でライブ配信している。詳しくは連盟HPで。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加