超簡単! 100均アイテムで、見間違えるくらい「垢抜ける」裏技ヘアアレンジ

超簡単! 100均アイテムで、見間違えるくらい「垢抜ける」裏技ヘアアレンジ

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2020/10/18
No image

マスクで顔半分が隠れる2020年。バランスよく顔周りの髪はすっきりさせたい、でも定番のポニーテールやハーフアップは古臭い…?

そんなお悩みへの解決策として、普段のヘアスタイルに、1アイテム足すだけでびっくりするほど垢抜ける最旬ヘアアレンジを紹介します。

今回教えてくれたのは表参道にある美容室「navile(ネイヴィル)」代表の大河光太朗さん。「100円ショップやドラッグストアなど、どこでも手に入るようなアイテムを使って、劇的に垢抜けさせるアレンジを紹介します」

トレンドの「紐アレンジ」で華やかに

<用意するもの>
1.紐 約90cm(レース糸・革紐・リボンなど)
2.ヘアオイル
3.ヘアゴム

No image

紐はDAISO レース糸ラメ シナモンゴールド108円(税込)

●HOW TO - 1:毛先を内巻きにワンカールさせ、ヘアオイルを揉み込む

No image

ヘアアイロンまたはコテで、毛先を内巻きにワンカール。ヘアオイル5円玉大を手のひらに取り、前髪以外の毛全体に揉み込み、なじませる。

●HOW TO - 2:ヘアゴムでひとつ結びに

No image

両耳後ろ、低めの位置でしっかりめのひとつ結びに

No image

後頭部の立体感を出すように、表面の髪を親指と人差し指でつまんで引き出す

両耳後ろ、低めの位置でしっかりめのひとつ結びに。結び目が崩れないよう押さえながら、後頭部の立体感を出すように、表面の髪を親指と人差し指でつまんで引き出していく。

●HOW TO - 3:紐をクロスしながら巻きつける

No image

用意した紐を約90cmの長さに取り、ヘアゴムの結び目を隠すように3〜4重に巻きつける

用意した紐を約90cmの長さに取り、ヘアゴムの結び目を隠すように3〜4重に巻きつける。

No image

毛先に向かって等間隔に、表と裏でクロスしながら巻きつける

毛先に向かって等間隔に、表と裏でクロスしながら巻きつける。

No image

毛先を少し残して、裏で固結びにする。余裕があればちょうちょ結びにしてもOK

毛先を少し残して、裏で固結びにする。余裕があればちょうちょ結びにしても◎。このままでも大人っぽいモードな雰囲気に。

●HOW TO - 4:紐のあいだの毛を引き出す

No image

クロスした紐のあいだの毛を上から順に引き出していく

クロスした紐のあいだの毛を上から順に引き出していく。このとき、全体が崩れないようひとつ下のブロックを押さえながらゆっくり引き出すことを忘れずに。丸い形を意識しながら大きさをランダムに変えていくと、こなれ感のあるスタイルに仕上がります。

●完成! ポニーテール+紐アレンジ

No image
No image

引き出した“ぽこぽこ”が華やかなので、ドレスアップスタイルにも、カジュアルな普段着にも合うヘアアレンジです。

今回使用したレース紐以外にも、革紐やリボンなどほかの素材を使っても応用可。紐を選ぶ際は、ベージュやグレージュのような「くすみカラー」やブラウン、ゴールドのような馴染みの良いカラーを選べば“こなれ感”がよりアップします。

元の髪跡を気にせずできるスタイルなので、忙しい日のバサバサ髪もひっつめポニーテールも、お出かけ前にすぐにヘアチェンジすることができますよ。

お団子+サイドロープでルーズなアップスタイル

<用意するもの>
1. ヘアゴム
2. ヘアピン2本、飾りピン
3. ヘアオイル

No image

飾りピンはLattice ヘアMixセット 330円(税込)

●HOW TO - 1:毛先を内巻きにワンカールさせ、ヘアオイルを揉み込む

No image

ヘアアイロンまたはコテで、毛先を内巻きにワンカール。ヘアオイル5円玉大を手のひらに取り、前髪以外の毛全体に揉み込み、なじませる。

●HOW TO - 2:耳より前の毛を残してお団子に

No image

両耳より前の毛を残してヘアゴムで低めの位置でお団子に

No image

結び目を押さえながら後頭部の立体感を出すように、表面の髪を親指と人差し指でつまんで引き出す

両耳より前の毛を残してヘアゴムで低めの位置でお団子に。結び目を押さえながら後頭部の立体感を出すように、表面の髪を親指と人差し指でつまんで引き出す。

●HOW TO - 3:耳横の毛束をねじってサイドロープをつくる

No image

残していた耳横の毛束を二つに分け、毛先に向かってねじっていきサイドロープをつくる

残していた耳横の毛束を二つに分け、毛先に向かってねじっていきサイドロープをつくる。

No image

つくったサイドロープの目を親指と人差し指でつまんでほぐす

毛先を押さえながら、つくったサイドロープの目を親指と人差し指でつまんでほぐす。

●HOW TO - 4:サイドロープをお団子に巻きつけてヘアピンで固定

No image

ほぐしたサイドロープをお団子の上方向から結び目にぐるっと1周まきつけ、ピンで固定

ほぐしたサイドロープをお団子の上方向から結び目にぐるっと1周まきつける。サイドロープの毛先を挟んだヘアピンを、結び目の中心に向かって刺し入れ、固定する。

反対側も同様に、ほぐしたサイドロープをお団子に巻きつけヘアピンを結び目中心に刺し、固定する。

●完成! お団子+サイドロープでルーズなアップスタイル

No image
No image

お団子にサイドロープを足すだけで、ルーズなニュアンスを出すことができ、こなれ感と色気があるアップスタイルに仕上がりました。顔周りの毛を軽く波巻きすれば、よりゆるっと感を演出できます。デコルテ見せするトップスとの相性も抜群です。

●HOW TO +α:存在感ある飾りピンをつかって

No image

+αでサイドにゴールドのヘアピンを2〜3本ランダムに留めれば、よりトレンド感があるアレンジに

+αでサイドにゴールドのヘアピンを2〜3本ランダムに留めれば、よりトレンド感があるアレンジに仕上がります。飾りピンはデコラティブなものでも、シンプルなゴールドのアメピンでもどちらを使用しても今風に仕上がります。3COINSやLatticeでセットになっているものを選べば◎。

以上、2つの最旬ヘアアレンジをご紹介しました。いつもの行程にほんの“ひと手間”を加えるだけで、グッとこなれ感がアップしますよ。ぜひチャレンジしてみてください。

No image

監修navile OMOTESANDO/大河光太朗さん

撮影/三浦一喜 モデル/ロバーツ亜未(@amisakurar) 取材・構成/ 原田加菜

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加