夏男が光!広島・西川、2戦連発 昨年の8月MVP、今年も暴れるぞオーガスト!

夏男が光!広島・西川、2戦連発 昨年の8月MVP、今年も暴れるぞオーガスト!

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/08/04
No image

4回、西川が先制のソロを放つ

「巨人2-1広島」(31日、東京ドーム)

鋭い打球音を響かせて飛んだ白球は右翼席に突き刺さった。ナインとエアタッチを行った広島・西川は2試合連発の3号ソロに「いい先制点になって良かったです。引き続き頑張ります」とさらなるアーチ量産へ意気込んだ。

先頭打者で迎えた四回、畠の123キロチェンジアップを力強く引っ張った。朝山打撃コーチは「元々いいものは持っている。(状態が)100パーセントではない中で必死に頑張ってくれていると思います」と評価した。

6月23日に今季1号を放ったのも同じ東京ドームだった。以前から「何か打てるような気がする」と相性の良さを口にしていた西川。ちょうど1年前のこの日もここで一発を放ち、球団新となる月間4本目の先頭打者本塁打を記録していた。

試合はこの1点のみで逆転負けを喫した。西川の一撃は空砲に終わった。しかし、7月16日から固定されている1番では14試合中12試合で安打をマーク。背番号63の好調が敗戦の中の光明だ。

月替わりで西川が得意な8月に突入する。昨季は27試合に出場し、打率・365、4本塁打、12打点と大暴れし、自身初の月間MVPを受賞した。夏男が巧みな打撃センスで鯉打線をけん引する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加