ロシア下院、LGBTの「宣伝」禁止法案を可決

ロシア下院、LGBTの「宣伝」禁止法案を可決

  • ロイター
  • 更新日:2022/11/25

[モスクワ 24日 ロイター] - ロシア下院は24日、LGBTら性的少数者などに関する情報の拡散や「宣伝」、「示威行為」などを禁止・制限する法案を可決した。上院を通過しプーチン大統領が署名すれば発効する。

No image

ロシア下院は24日、LGBTら性的少数者などに関する情報の拡散や「宣伝」、「示威行為」などを禁止・制限する法案を可決した。写真は2017年8月、ロシアで行われたLGBT権利擁護のための集会(2022年 ロイター/Anton Vaganov)

小児性愛に加えてLGBTの「宣伝」や情報などを公共の場やオンライン、映画、書籍、広告などで拡散することを禁止する。違反した場合は個人には最大40万ルーブル(6600ドル)、団体には最大500万ルーブル(8万2100ドル)の罰金が科せられ、外国人は国外退去になる可能性がある。

議員らによると、法案はロシア独自の世界の伝統的な価値観を守り、これを破壊しようしている西側世界に対抗する狙いがあるという。

*カテゴリーを変更して再送します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加