阪神・小林 トレード移籍後初登板

阪神・小林 トレード移籍後初登板

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/09/18

◇セ・リーグ 巨人―阪神(2020年9月16日 東京ドーム)

No image

<巨・神>阪神3番手の小林(撮影・北條 貴史)

8月28日にオリックスからトレード移籍した阪神・小林が、移籍後初登板した。

0―7の6回に3番手としてマウンドへ。先頭の丸に四球を与え、若林の二塁打で1死二、三塁のピンチを背負ったが、後続を断って、無失点で切り抜けた。大城からストレートで空振り三振を奪うなど、力強さをアピールしてみせた。

16年ドラフト5位でオリックスに入団した27歳の右腕。この試合前まで、プロ4年で通算69試合、2勝3敗、防御率5・25の成績を残している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加