【金星LOVEメッセージ】11月21日、金星が蠍座に移動 恋愛キーワードは「秘めた情熱」!

【金星LOVEメッセージ】11月21日、金星が蠍座に移動 恋愛キーワードは「秘めた情熱」!

  • 占いTVニュース
  • 更新日:2020/11/20
No image

――金星は愛の星と呼ばれ、女性の恋愛傾向や恋愛運をあらわします。そして約1か月間、1つの星座にとどまります。金星×星座のパワーをうまく使って、恋愛上手になりましょう!

■11月21日、金星が蠍座に入宮

【金星の位置】蠍座
【期間】11月21日~12月16日
【キーワード】「恋心は止まらない」「秘めた情熱」「大変身」

蠍座金星期は、秘密主義になりがち。好きな人ができても自分1人の心の中に収め、両思いになっても交際は周囲に内緒。一方で、何でも秘密にするため、パートナーに関するいい情報も悪い情報もあなただけが知らないということになる恐れあり。そうならないよう、この期間はあえて恋に関してオープンにしていくべき。そうすれば、みんなに応援してもらえる可能性も高まり、周囲の目があればパートナーもあなたに隠しごとができにくくなるはず。ただ、相手があなたのことを周囲に隠したがるようなら、何かやましいことがあるのかも。別れを考えたほうがいいかもしれません。

■出会いを求めている人は……好きな気持ちはストレートに!
蠍座金星期は、心の中では熱い情熱がメラメラと燃えているのに、それを決して表には出さないため、恋をしてるのかどうかわかりにくい雰囲気に。それは、あなたがいいなと思っている相手にも、あなたの気持ちが伝わらないということです。「自分に好意をもっていないのか……」と、誤解した相手が遠ざかっていくこともありがち。恋をしたいのなら、情熱を心の奥底に抑え込まないこと。好きなら好きとストレートに表現するべき。そのほうが相手からアプローチをかけてくる確率も高くなります。

■片思いの人は……不毛な恋はきっぱり諦めて
蠍座金星期の恋は、好きになったらやめられないモードに! 好きな相手にパートナーがいても、あなたに脈がないとわかっていても、誰に何といわれようと、もう恋心は止まりません。それどころか、反対されればされるほど、冷たくされればされるほど、熱く燃え上がります。片思いをやめる、やめないの葛藤を繰り返しつつ、それはかなり長く続いていくことになりそうです。実りのない恋には初めから足を踏み入れないこと。好きになっても、きっぱり諦めて、幸せな未来を描ける恋を探しましょう。

■恋人のいる人は……内助の功に徹して
蠍座金星期のあなたは、体力的にも精神的にもタフ。パートナーが落ち込んでいたら、あたたかく包み込んでパワーを注入してあげると、きっと元気になれるはず。もともと蠍座金星期は、パートナーがいる状態、いない状態で、ガラッと雰囲気が変わります。恋人募集中のときは神秘的で謎めいた雰囲気ですが、パートナーができてからからは、好きな人に尽くす一途なタイプに変身。自分が持てるすべてのパワーを与えてるほどの献身ぶり。その内助の功は高く評価されるでしょう。
(小泉茉莉花)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加