260億円で楽曲を売却!ジャスティン・ビーバーがレコーディングスタジオから出てくるところをキャッチ

260億円で楽曲を売却!ジャスティン・ビーバーがレコーディングスタジオから出てくるところをキャッチ

  • FRONTROW
  • 更新日:2023/01/25
No image

約260億円で音楽著作権を売却したことが明らかになったジャスティン・ビーバーが、報道の直前にレコーディングスタジオから出てきたところをキャッチした。(フロントロウ編集部)

売却報道直前のジャスティン・ビーバーの姿を激写

「Baby(ベイビー)」や「Sorry(ソーリー)」などこれまでに数々のヒット曲を世に送り出してきたシンガーのジャスティン・ビーバーが、自身の音楽著作権を米投資会社Blackstoneが出資するHipgnosis Songs Capitalに2億ドル(※2023年1月25日時点の為替レートで約260億円)で売却したことがわかった。2021年12月31日までにリリースされた約290曲が対象で、関係者が米Varietyに語った話によると、ジャスティンの楽曲は今後もユニバーサルミュージックが管理し、原盤も永久に所有するという。

[ 関連記事を読む - 海外セレブゴシップ ]

報道の直前、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジにあるレコーディングスタジオ「エレクトリック・レディ・スタジオ(Electric Lady Studios)」から出てきたジャスティン。

No image
No image

ぼやけていてわかりにくいが、妻でモデルのヘイリー・ビーバーも一緒だったよう。

No image

ちなみに、今回の契約について、デビュー当時からジャスティンのマネージャーを務めるスクーター・ブラウンは、「この歴史的な取引を実現するために尽力してくれたメルク(※Hipgnosis Song Managemenの創設者でありCEOのメルク・メルキュリアディス)とHipgnosis社のチーム全員、そして関係するすべてのパートナーに感謝します。ジャスティンが売却をする決断をしたとき、この素晴らしい遺産を保存し、成長させるための最良のパートナーはメルクとHipgnosis社であることがすぐにわかりました。この旅に15年間にわたって立ち会えたことに感謝しています。関係者一同、喜んでいます。ジャスティンの偉大さはまだ始まったばかりです」とコメントしている。(フロントロウ編集部)

フロントロウ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加