マカオ軽軌交通延長線横琴プロジェクトで海底シールドトンネルが貫通―中国

マカオ軽軌交通延長線横琴プロジェクトで海底シールドトンネルが貫通―中国

  • Record China
  • 更新日:2022/11/25
No image

マカオ軽軌交通延長線横琴プロジェクトで海底シールドトンネルが貫通―中国

マカオで25日、マカオと中国南部の広東省珠海市最大の島である横琴島を結ぶ初の大口径シールドトンネルであるマカオ軽軌交通延長線横琴プロジェクトの海底シールド工法トンネルのマカオ側部分の貫通式が行われました。

このプロジェクトはマカオ特別行政区政府による軽量軌道交通の建設で、初めてシールド工法が採用された事例です。トンネルの長さは約900メートルで、土壌は全体的に汚泥層、汚泥質土層、シルト質粘土層などの柔らかい地層で構成されています。プロジェクトの順調な進行を確保するために、より高効率で適応力がある大口径シールドマシン「澳琴1号」が使用され、海底トンネル工事を着実に進めました。

このプロジェクトはマカオ特別行政区政府の重点プロジェクトとして、2024年に完工し営業が始まる予定です。この路線は珠海とマカオ地域公共交通の重要な旅客輸送ルートになり、住民により快適で便利な移動手段を提供し、マカオの粤港澳大湾区(広東・香港・マカオグレーターベイエリア)が「1時間生活圏」として融合することを後押しすると見られています。(提供/CRI)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加