中日・梅津 3日今季初登板 初の背番18お披露目「テンポ良くやりたい」

中日・梅津 3日今季初登板 初の背番18お披露目「テンポ良くやりたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

中日・梅津が、3日のDeNA戦(バンテリンドーム)で今季初登板する。2日はナゴヤ球場で最終調整し「連勝しているチームの勢いに乗りながら、テンポ良くやりたい」と意気込んだ。

No image

今季から背番号18となった中日・梅津

昨季は8月2日ヤクルト戦で延長10回無失点後に右肘の違和感を訴え2軍落ち。以降、1軍に戻ってくることはできなかった。ようやくたどり着いた舞台に「長かった。2軍に慣れている自分がいた。野球で結果を出さないとチームに溶け込めない」と焦燥感もある。

今季から背番号18となり、チームの期待も高い。「ファンの前で(18番を)披露するのは初めて。いい形で披露できたら」。チームは5位ながら、復調気配がある。エース候補が初先発で、勢いを付ける力投を狙う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加