第23回全州国際映画祭、4月28日に開催 「太興映画回顧展」も

第23回全州国際映画祭、4月28日に開催 「太興映画回顧展」も

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/01/15
No image

第23回全州国際映画祭、4月28日に開催 「太興映画回顧展」も(画像提供:wowkorea)

第23回チョンジュ(全州)国際映画祭(執行委員:イ・ジュンドン)は昨年末の理事会議決を通じて開催日程を確定した。

今年の映画祭は4月28日(木)から5月7日(土)まで10日間行われる。新型コロナ感染症の流行の中で得た成果は継承しつつ、映画祭の本来の目的と役割に合わせて、オフライン対面イベント正常化のため積極的な姿勢を取る予定だ。

今年の映画祭は、合計18セクション、230編以上の規模で、500回の上映を計画している。これは最多観客記録を更新した第19回(241編、536回)や第20回(265編、559回、VR上映を除く)と比べても少なくはない数字だ。

今年の映画祭は、様々なプログラミングと連携するイベントを披露する予定で、「太興映画回顧展」イベントをその準備の始まりとした。「太興映画回顧展」は、韓国映画を世界に紹介するのに貢献した"太興映画"の足跡を振り返るためのイベントだ。1980~90年代、韓国映画の完成度を画期的に引き上げた太興映画の功労と、昨年10月に他界したイ・テウォン太興映画社前代表を称える意味も盛り込んだ。

今回の「太興映画回顧展」を通じて、「酔画仙」(2002)、「世紀末」(1999)、「錦紅よ、錦紅よ」(1995)、「薔薇色の人生」(1994)、「競馬場へ行く道」(1991)、「ギャグマン」(1989)、「すばらしき我が青春の日々」(1987)、「長男」(1985)など、韓国映画史のルーツともなる8本の作品が、第23回全州国際映画祭で観覧できる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加