“架空の日本語学校”で留学費用詐取か 41人が被害

“架空の日本語学校”で留学費用詐取か 41人が被害

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/11/20
No image

動画を見る(元記事へ)

架空の日本語学校の生徒を募集し、金をだまし取っていました。

趙清龍容疑者(36)は去年3月、仲間と共謀し、ベトナムから日本に語学留学を希望していた男性(当時21)の親族から留学費用の名目で72万円をだまし取った疑いなどが持たれています。警視庁によりますと、趙容疑者は実際には存在しない「杉並外国語学院」という語学学校の名前を使い、留学生を募集していたということです。これまでにベトナムに住む41人から約4200万円を日本国内の口座に振り込ませていました。取り調べに対し、趙容疑者は黙秘しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加