ANA、成田-香港に777F初投入

ANA、成田-香港に777F初投入

  • Aviation Wire
  • 更新日:2021/10/16

全日本空輸(ANA/NH)は10月13日、大型貨物機ボーイング777Fを成田-香港線に初投入した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で世界的に旅客便の運航停止や海運で使う貨物コンテナ不足が続いていることから、貨物搭載量が中型貨物機767Fと比べて2倍の最大102トンまで積める777Fを投入。13日の成田発は電子部品や生鮮品、復路の香港からはパソコンやスマートフォン、玩具などを運んだ。

No image

成田空港で貨物を搭載するANAの香港行きNH8511便の777F=21年10月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ANAの成田-香港線の貨物便は週17往復で、通常は最大51トン積める767Fで運航。10月は13日と20日に成田を出発する便と折り返し便の2往復4便を777Fに大型化する。香港路線は貨物機のほか、旅客便の貨物室を使った「ベリー」で週9往復運んでおり、羽田発が6往復、関西空港発が3往復となる。

13日の香港行きNH8511便(777F、登録記号JA771F)は、約43トンの貨物を積んで成田の16番スポットを午後9時12分に出発。復路のNH8512便は約80トンを運んだ。

ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下の貨物事業会社ANAカーゴ(ANA Cargo)の貨物機は11機で、2019年7月2日に就航した777Fが2機、767Fが新造機の767-300Fと全日本空輸(ANA/NH)の旅客機から転用した767-300BCFを合わせて9機。ANAカーゴによると、今後の成田-香港線の機材は需要動向を見て決めるという。

No image

成田空港で貨物を搭載するANAの香港行きNH8511便の777F=21年10月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

No image

成田空港を離陸するANAの777F貨物機による香港行きNH8511便=21年10月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

運航スケジュール
NH8511 成田(21:15)→香港(翌日01:00)運航日:10/13, 20
NH8512 香港(03:00)→成田(08:25)運航日:10/14, 21

Tadayuki YOSHIKAWA

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加