どうして生理や出産など痛い思いも、同姓など色んな決断も、女性ばかり...?

どうして生理や出産など痛い思いも、同姓など色んな決断も、女性ばかり...?

  • かがみよかがみ
  • 更新日:2021/01/13
No image

25歳になった。最近急に友人の結婚式に呼ばれることが増えた。

一方のわたしは、彼氏すらいない。趣味は自分一人でできるし、愚痴話や旅行は女友達と、美味しいご飯は上司と、ムンムンした気持ちはセフレと楽しめる。彼氏や夫が入る隙はない。色んな人と自由に関わる。それでストレスが発散できればいいとさえ思っている。

「一人の時間が欲しい」という感情。無い方が恐らく生きやすいこの感情

時には思い切り甘えたくなる時もある。自分はなんなんだ!?!?

でも、時々自分の本音や、本当にそれでいいのかが不安になる時がある。

「いい人は早く売れる(結婚してしまう)」とか、「早いうちからしたたかにいい人を捕まえておく」だとか、よく行くスナックのママが言う。

SNSを開けば、友人のウェディングドレス姿や、結婚相談所やマッチングアプリの広告が並ぶ。

20代も後半に入ったからとはいえ、何をどう、いつ選ぶかは自分次第だと思う。それなのに、少なからずそれが揺るがされる自分もいる。時には思い切り女性らしく甘えたくなる時もある。子供が無性に可愛く思える時もある。・・・自分はなんなんだ!?!?

そこで、ふと気づいてしまったことがある。

それは、「20代半ばの女性にとっての、人生の選択肢の幅広さ」だ。

さっさと彼氏と結婚する人もいる。バリバリ残業して仕事一筋の人もいる。いまだに海外を放浪している人もいる。既に子供を二人も産み家庭に入った人もいる。自分の会社を立ち上げた人もいる。どれも素敵で、どれも自分次第で選べてしまう。いつの歳でもそうかもしれないが、20代の半ばが一番どれも等しくチャンスがあるのではないだろうか。

まだ大学を出てたった2年強なのに、今後数十年に関わるむちゃくちゃ枝分かれしている人生の岐路が、急に目の前に現れてきた感覚だ。

身体も心も考えることの多さにも押し潰されそうになっている

もし今この人の告白を断ったら結婚ができないのだろうか?

もし結婚・引越しをせずに働けば、仕事でもっと上を目指せるのだろうか?

もし日本を飛び出したら家庭は築けないのだろうか?

というか、そもそもこんなに色んなことを頑張って経験しても、結局のところは女性は結婚して母になることがゴールになってしまうのだろうか?

男性は、仕事を頑張り、休日は彼女とイチャイチャするだけで楽しめるこの20代。

こっちは身体も心も考えることの多さにも押し潰されそうになっているんだと言いたい。

どうして生理や出産など痛い思いも、同姓や転勤についていく等の色んな決断も、多くが女性ばかりに強いられているんだろう。。。

そんな文句ばかりたれていたら、また1年が終わろうとしている。

こんなに遊んで「今」を生きていていいのだろうか。

何年後かに「結婚できないかも」ってなったら後悔するのだろうか。若い今のうちに将来を見据えた人を見繕っておくべきなのだろうか。

色々思っていると「そんなん考えずに楽しもー!」とまでは吹っ切れられない。

あまりに広すぎる選択肢や可能性があって、悩みは尽きない、、、ほらまた、顎にニキビができたよーーーー

いつどうなるかわからない世界で、焦って未来の為に生きる必要はない

もしかしたら、これだけで、いいのかもしれない。

きっとみんなも迷ったり、羨ましがったり、楽しんだり、そうしていくうちに歳を重ねていて仕事も恋愛も、目の前にイイ!と思って頑張った結果がその人の人生なのだ。

いつどうなるかわからない世界で、焦って未来の為に生きる必要はないはずだ。

【厳選】恋人やセフレとの悩ましい関係…2020年最も読まれたエッセイを発表!

悩むなとも、悩めとも、楽しむなとも、楽しもうとも言わずに。

今を自分らしくいればいいだけなのかも。

過去や未来の自分と比べても、ましてや他人と比べてもどうしようもないよね。

こんな厄介なわたしでも、一番の味方のわたしがいるじゃないか。

昨日とほとんど変わらない一日をまた終えるため、

さぁ今日も銭湯にいって、ビールを飲もっと。

てんてん

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加