【4月7日のおちょやん】第88話 千代がおかしいと怪しむみつえ 一平は後をつける

【4月7日のおちょやん】第88話 千代がおかしいと怪しむみつえ 一平は後をつける

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/06
No image

「鶴亀家庭劇」稽古場の焼け跡で話す千代(杉咲花・左)と一平(成田凌)

杉咲花が主演のNHK連続テレビ小説「おちょやん」(月曜~土曜8時・土曜は一週間振り返り放送)。4月7日は第88話が放送される。千代の心の居場所はどこに…。

昭和20年7月、大空襲のその後も、大阪には大規模な空襲がきていた。千代(杉咲花)の最近の様子がおかしいことに気が付く一平(成田凌)とみつえ(東野絢香)。たまに夜中に家に居ないことがあり、昼間にうたた寝をすることも…。みつえは千代が誰かと密会していると疑い、寛治のことで悩んでいた千代を支えなかった一平を責め立てる。ある夜、こそこそ出て行く千代。一平が後をつけると…。

朝ドラ103作目の「おちょやん」は、上方女優で「大阪のお母さん」として親しまれてきた浪花千栄子をモデルに描くオリジナルストーリー。南河内の貧しい家の少女が、奉公先の道頓堀で芝居に魅了され女優を志し、やがて喜劇界のプリンスと二人三脚で昭和の激動期を駆け抜ける。ヒロインを朝ドラ「とと姉ちゃん」、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」にも出演し、日本アカデミー賞など多くの映画賞の受賞歴を持つ杉咲花が演じる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加