中日3連敗...大島の連続打数安打は6でストップ、大野雄は7敗目

中日3連敗...大島の連続打数安打は6でストップ、大野雄は7敗目

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/06

◇セ・リーグ 中日2―4DeNA(2022年8月5日 バンテリンD)

No image

<中・D>5回、レビーラは慣れない守備で神里の打球をキャッチできず三塁打としてしまう(撮影・椎名 航)

中日は接戦を落とし、3連敗となった。

スライド登板となった大野雄は、初回無死一塁から小飛球になった楠本のバントに対してマウンドを駆け下りてダイビングキャッチ。回転して受け身を取り、素早く一塁に送って併殺に仕留めた。

立ち上がりで好プレーを見せたが、3回に先制を許すと、5回には左翼に入ったレビーラが飛球を見失って三塁打となり、ここから失点。6回にも2点失い、4失点で7敗目を喫した。

3日のヤクルト戦(神宮)で6打席6安打としていた大島は第1打席の死球の後、第2打席は二ゴロに倒れ、連続打数安打はストップした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加