ウクライナ、東部ソレダルからの撤退認める

ウクライナ、東部ソレダルからの撤退認める

  • AFPBB News
  • 更新日:2023/01/25
No image

ウクライナ・ソレダル近郊で、ロケット砲を発射するウクライナ軍(2023年1月11日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】ウクライナ軍は25日、激戦が展開されていた東部ドネツク州ソレダルから撤退したとAFPに認めた。ロシア軍は今月、ソレダルを掌握したと発表していた。

軍報道官は「ここ数週間、そして数か月にわたる激戦の末、ウクライナ軍は(ソレダルから)事前に準備されていた郊外の拠点へと撤退した」と述べた。

報道官は撤退時期は明かさなかったが、この動きは慎重に計画されていたと説明した。

さらに、「一部の兵士はソレダル郊外を守る一方、他の兵士は防衛線を築き、新しい拠点の要塞化を進めると同時に敵に大きな打撃を与えた」と語った。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加